診察&回数券用1.jpg

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

90v83w83b83_815b.png

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、腰椎の間から出ている坐骨神経が、骨盤の中を通り臀部の筋肉の間から大腿後部へと流れている間のどこかで神経圧迫が起きた時に、脚の痛みやしびれを伴う症状で、ひどくなると脚の感覚が鈍くなったり歩行障害などが見られる事があります。

また、その日の健康状態や体調によって痛さや箇所が変わることもあります。

その原因はさまざまで、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症等の腰の症状が引き金になるケースのほかに、体の歪みによる腰への負担や臀部の筋肉の過緊張など、多くの要因が絡み合って坐骨神経痛の症状が出てくるのです。

しかし、坐骨神経痛自体は身体の歪みの結果として現れている全身症状の一つに過ぎないので、腰や圧迫された神経の部分だけではなく、体全体を捉えた治療法でないと、根本治癒に導くことができないのです。



山崎式調整法では、「体は一つ」という考え方の元に、その時の体の状態にとって最善の方法で体のバランスを整え、さらに生体エネルギーを調整することにより、人間に本来備わっている自然治癒力を発揮させ、症状の改善を図ります。

更に、生活習慣や環境、普段の姿勢などから、体を歪ませてしまった原因を特定し、症状の根本治癒と再発防止のためのアドバイスを致します。

_

症状を改善する山崎式調整法とは・・・? ボタンをクリック!!

chousei-b.jpg

sashie1.jpg

yoyaku.png