印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

椎間板ヘルニア



身体の中心には24個の骨が積み木のように重なって背骨が通っていて、この骨と骨の間には椎間板とよばれる軟骨があり、クッションの役割をはたしています。


この椎間板が外に飛び出して神経を圧迫し、激しい痛みやしびれを引き起こすのが、椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは、頸から腰までどの場所にも発生する可能性がありますが、ほとんどは腰の部分で起こります。






その主な原因は、姿勢の悪さからくる骨盤の歪みです。


骨盤が歪むと背骨のS字カーブが狂い、腰に大きな負担がかかります。そうすると日常生活でのちょっとした動作や衝撃や圧迫が引き金となり、椎間板ヘルニアを引き起こすのです。


またS字カーブの狂いは椎間板ヘルニアを引き起こす原因となるばかりでなく、内臓の機能や神経の働きなどの他の部位へも悪影響を及ぼします。


椎間板ヘルニア自体は、体の歪みの結果として現れた全身症状のうちの一つにすぎないので、傷んだ部分だけを診て治すだけの治療では、根本治癒とは言えないのです。






山崎式調整法では、体は一つという考え方の元に、その時の体の状態にとって最善の方法で体のバランスを整え、さらに生体エネルギーも調整するなど、からだ全体を捉えた治療法により、人間に本来備わっている自然治癒力を発揮させ症状の改善を図ります。


潰れてしまった椎間板自体が、完全に元通りになるのは難しいですが、体のバランスが整うとその部分にかかる負担が減るので、痛みがなくなります。


更に、普段の姿勢や生活習慣や生活環境などから、体を歪ませてしまった原因を特定し、再発防止の為のアドバイスを致します。

_


症状を改善する山崎式調整法とは・・・? ボタンをクリック!!